みずがらす
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【山と水の】電車男に山田、ドラえもん新声優に水田【話題】 | TOP | インソム〜ニアン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
【映画】カナリア
高校の友達二人と遊びまして、その時に久しぶりに映画を見ました。
『カナリア』っていうやつです。
名前だけ聞いたことあって内容は知らなかったんですけど、子供が主役ということでちょっと楽しみな感じで見始めました。

しかし・・・

なんか重い映画だった・・・ _| ̄|○
※以下ネタばれ注意※
少年の名は光一、12歳。母に連れられてカルト教団《ニルヴァーナ》の施設で妹とともに数年を過ごしたが、カルト崩壊後、関西の児童相談所に預けられた。だが祖父は、光一より4つ年下の妹、朝子だけを引き取っていく。母の行方はわからないままだ。光一は偶然助けた少女・由希とともに、引き離された妹と母を取り戻すため、東京にいる祖父の元へと向かう。

という話。

感想は・・・難しくて考えてることが多かったから感動で泣くとかはなかった。
可哀想で泣くことはあるかもしれない。
でもなんか複雑だった。
「誰も知らない」にちょっと似てるかもしれない。
大人の身勝手で子供たちが不幸になる点。

だけどこの映画ではヒロインの少女が常に主人公の光一を助けてあげてるから、そんなに可哀想でもない。言いたいことは彼女が全部言ってくれてる感じだ。視聴者は彼女の視点で見ることができる。「誰も知らない」ではそういった代弁者が作中に出てこない分、いい意味では観客に手が出せないので更に可哀想になり、悪い意味ではもどかしい。

あと、この作品には明確な「悪」が存在する。
明らかに金儲け目当ての偽宗教だ。
だまされた信者も、巻き込まれた子供も、地下鉄サリンの被害者も、結局ソコを憎めば丸く収まってしまう。この宗教がもうちょっと説得力のある宗教だったら、より可哀想度がUPしたと思う。

この二点は、良い要素なのか悪い要素なのかわからなかった。

良かったのは、ヒロインの女の子の演技。
彼女がほぼ主役に見えるくらい、感情が出ていた。
それと、作中に一回もカナリアという単語が出てこなかったこと。
出てきてたら萎えてた。

悪かったのはエンディングテーマ。
理由はないけど、なんかウザかった。
バトルロワイアルのEDの後味を狙ってるっぽいがコレはかなり変。
それと光一の髪の色の変化。
あれは強引過ぎて引いてしまった…
過剰表現っていう手法もあるけど、ここまでリアルに忠実に来たのにあの白髪は明らかに不自然だし、ロンブーの亮に見えてしまって笑えた。w

全体的には、世の中にはこういうことで苦しんでる人たちもいるんだなぁって分からせてくれた映画だった。宗教の力って恐ろしい。

最後に、

Aちゃん>皆が感動してる最中、隣で笑っちゃっててごめんなさい^^;w
    私にとって宗教に狂ってる人って笑えてしょうがない(ぁ
Rちゃん>自分が特に注目してなかった映画を見るってのは新鮮で良かった!
    新しい映画の世界を知れたなって感じです。

また遊んでね!!!!(●´Д`人´Д`●)
19:13 | オススメ(本・音楽・映画) | comments(5) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
19:13 | - | - | -
コメント
>べぐたん
レスおくれてごめんちw
重くてココ見れなかったのよぉ〜^^;
そうか、あの人のファンなのかwまぁあくまでも個人的に気に入らなかっただけだから、歌そのものの質はわからないから気にしないでね^^w
この映画はホント、あのヒロインの子が伸びると思う、まぁ多少関西弁変なんだろうけど(地元民が見ると)、ラストの迫力は十分あったとおもいます。カナリアって、実際あの元団体が「カナリアの会」てのを開いてるんですね、そういう事実関係とかもうちょっと調べてから見るべきだったかな。てかそれであの映画堂々と作っちゃうなんていい度胸だなとも思います

べぐたんのサイトで何気に77番踏みました(*´∀`)奈々だけにちょっと嬉しかったです

>Aさま
楽しかったのはコチラの台詞で御座いますよ!!
あのテンション、忘れかけてただけにすっごい癒された。
いや、実際には癒しの対極なテンションなんだけど癒された。w
また映画みたいね、てゆうかZOOが池袋でしかやってない死
行きにくいよ〜〜しかもレイトショーってあんた・・・
どうしたらいいんだ!!!
観覧、学校始まっちゃうけど暇な日あったら早めに教えてくれれば、電話来たとき予約入れるんでいつでも☆★深夜とかもあるよw



2005/04/05 3:58 AM by 奈々
この間は、ありがとね〜vv(・∀・)
ホント久しに奈々に会ぇて幸っ!!でした。
そして、マヂに【気使ってる風で図々しく】を実行して申し訳ない(汗
因みに、全然笑いで余裕だから!!(o`∀´o)
全て笑いに変えちゃったらいいよ☆(何
もちろんまた遊ぶんでよろっ!!
ってか、今度ホントに番組観覧誘って下さい(切実
2005/03/21 4:47 AM by Aです。
どうも、この映画をとっても楽しみにしていた僕です(´A`)y-~~
そしてウザイエンディングテーマ歌ってるアーティストは、大分前からのファンですw(´▽`)b

某宗教団体に所属していた子供等がモチーフなんですよねぇ、当時のあの事件は当時の子供心にショックだったことを覚えちょります。

誰も知らないとは同じテーマを、まったく逆の方向性から試みたって感じですかねぇ…ベースは一緒ですよね。あとYOUは可愛いですね。

この事件に関してはいつか映画撮ってみたいなーと思ってた所、先にやられましたwまぁ同じ事考えてる人は沢山いたんでしょうね…。

あと、あほみたいな僕のHP見に来てくれてどもです、書き込み泥ス&長文スマン(ノ´ー`*)
2005/03/20 8:19 AM by 浪人生ベーグル♂
>しん
じゅおん今頃かょwww
私はZOOの映画!もう公開だなんて知らなかったよ
あと、「いぬのえいが」を素で見たいww
猫より犬派なんで・・・小学校の時図書室にある犬関連の本全部読んでた(笑
2005/03/20 2:39 AM by 奈々
 最近映画みてないなぁ。じゅおんがみたいかもw
 宗教については失礼ながら俺も笑ってしまう派ですよね。
2005/03/19 2:38 AM by しん
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mizugarasu.jugem.cc/trackback/261
トラックバック
2005/03/21 6:03 PM
公式ページ 監督:塩田明彦出演:石田法嗣 谷村美月   『害虫』公式ページ 『害虫』DVD米本和広『カルトの子―心を盗まれた家族 』(文春文庫) 【あらすじ】12歳の少年、光一の母親は新興宗教の大規模テロ実行犯で逃亡中の身。光一は妹とともに教団の
Swing des Spoutniks