みずがらす
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 可愛い画像特集 | TOP | 【テキスト】リアル童話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
パンプキン・パイ
 学校始まりましたよ。(遅っ
 最近もう完全なビリーギルマン病にかかってるわけですが・・・調べてみたらあの天使の歌声、シャルロットチャーチともデュエットしてるというんです。シャルロットと言えば三年前くらいに一枚アルバムかって飽きてたなーと思い久しぶりにかけてみることに。そしたらなんとそのアルバムにビリギルとのデュエットが!!!!Σ(゚д゚)私三年前にも一回彼の歌聴いてたんか(驚 運命を感じた今日です。大人びた小学生で悩殺(*´д`*)ハァ

 ところで25日のアクセスが一日に550件でビクった。ありがとうございます。どう間違えて来たか知らんけど;

 今日は日本語学演習で発表しました。「全然+肯定文(全然OKなど)」は間違っているのか?という題です。まぁ結果は間違いじゃないんですけど。だから「どうして間違いだと言う認識が世間で多く出回っているのか?」について調べました。勿体無いから以下に調査結果のとこだけ書いときます。見たい人はつまんないけど見ていいよ(何

 
【結果】
 
「全然」の用例を見ると、「全然+マイナス評価の語句」や「全然+打消の助動詞」を使用した文章が非常に多い(全然違う、全然楽しくない)。反対に「全然+肯定評価の語句」の使用頻度はあまり高くない(全然いい、全然平気)。また、肯定文の中でも「平気・大丈夫」など悪い状態を否定する語句(基準が否定評価)のものは比較的頻度が多いという結果になった。
 このことから、現在「全然」という言葉は否定の意味を表す際に使用される率が高いといえる。
 
 「全然」は近世後期に中国の白話小説(水滸伝など)から取り入れられ、「まったく」や「すっかり」「まるきり」というルビをつけて用いられていた(二葉亭四迷『浮雲』)。「全然」は全部という意味で肯定にも否定にも使う事が出来たが、大正末期から昭和にかけて否定との結びつきが強くなった。それから昭和20年以後に「全部」の意味は含まず、ある状態の程度を強調するだけの働きを持つ「非常に」の意味が用いられるようになった。(『日本国語大辞典』)

 「全然」のルビとして用いられている「すっかり」「まるきり」という単語を検索すると、「すっかり」は肯定評価の表現がより多く、「まるきり」は否定評価の表現が多いことがわかった。辞書で調べると「すっかり」は肯定の副詞、「まるきり」は否定の副詞であるから(※)、これらの語と混同された際、「すっかり」の意味を重視するか「まるきり」の意味を重視するかで使用法が二つに分かれてしまうと推測できる。

 更に現代ではこの昭和20年以後の変化である"単なる強調としての「全然」"を口頭において表現することが多くなり、それが浸透した世代とそれ以前の世代との違いが違和感を感じる原因となっていると考えられる。

 どちらを使用しても誤りはないが、時代によって定着する意味はこれだけ違ってくるという事がわかった。

※すっかり・・・【副】^譴弔里海蕕此A管堯A瓦。見栄えのするさま。すっきり。思い切ってするさま。
  まるきり・・・【副】(多く、下に打ち消しまたはそれに準ずる語を伴って)全く。ぜんぜん。まるで。まるっきり。


実際の演習では用例をリンク貼ったりしてHP状にして発表しました。
19:15 | 日記 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
19:15 | - | - | -
コメント
>ひなたん
全部受け売りだよー誰か偉い人の(汗
え、今ZOO読んでるの?(´∀`*)
個人的に「血液を探せ!」が面白かったな♪
コメディっぽいのも書けるんだなって思った
笑えるのから泣けるのまで全部詰まっててお得よね★
ホムペジ楽しみに見てたのに・・・_| ̄|○
お陰でさいきんあんまネット触ってないよ(´_`)
常連サイトさんどんどん閉まっちゃってねぇ
またの復活を願いつつ、お疲れさんでした!!!
2004/10/05 5:36 PM by 奈々
大学ってこんなの書くんだぁ〜。奈々すごいねぇ〜。
わたしゎ今乙一のZOO読んでるよ(時代遅れ
おもしろいね♪
あとホムペジ管理しきれなくなったから閉鎖したよ。
奈々たんのところはたまに遊びにくるからなかよくしてください
2004/10/02 9:37 PM by ひなこ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://mizugarasu.jugem.cc/trackback/146